出版演出家

出版演出家とは

出版演出家とは、書籍などの出版物の企画立案、出版社選び、進行管理など、完成までの工程を統括する職務。編集者よりも著者側に立ち、企画のブラッシュアップ、企画書作成の代行、印税の交渉、原稿執筆の支援、販促活動のサポートなど、どちらかというとエージェント的なスタンスである。

出版演出家に必要な資質

出版演出家には、著者になるべき人の本当の能力や魅力を発掘し、開花させる開発力と企画力、そして、時代を読みきる目利き能力や時代を切り取る発想力が求められる。

出版演出家の実態

書籍制作の場合、著者側に出版演出家が存在し、著者の立場から書籍の方向性をプロデュースする。
出版演出家には出版業界出身者はほとんどおらず、著者が自分の経験をベースに出版演出家業を兼務することが多くみられる。

出版演出家の問題点

自らが持つ人脈を出版ノウハウなどといって高額の報酬を受け取り、出版社との橋渡し役(悪く言えばブローカー)といったことをしている出版演出家もいる。
出版できたとしても、著者の持っているノウハウやスキルを短絡的な企画に落とし込み、買い取りや費用負担を強要して、市場ではほとんど売れないような本を発刊させるケースもある。


このサイト集への掲載

このサイトにリンクしていただいたページランク 3 以上、発リンク数 50 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

新着サイト

サ イ ト 名P Rリンク
1相互リンク 即時登録 10

トップページ紹介サイト

サ イ ト 名P Rリンク
1結婚相談所 40

この続きは サイト集 グループ 1 で紹介しています。

サイト集メニュー

出版演出家というお仕事

Copyright (C) 出版演出家というお仕事 All Rights Reserved.